月収3万〜5万あれば作れるクレジットカード

月収3万〜5万でもクレジットカードは作れる?

 

今アルバイトで収入を得ているけど、仕事が少なくなっていて月3万〜月5万しか稼いでない。

 

今は貯金を崩して生活をしている。

 

 

こんな状態だとクレジットカードなんて作れないと思っているかは多いのではないでしょうか。

 

 

普通に考えたらクレジットカードは月10万・20万・30万と安定した収入を得ている人が作れるものには間違いありません。

 

 

月3万〜5万だとクレジットカードは基本的に作るのは難しいと思います。
なので月収・年収が少ないときは、審査が甘くて作りやすいカードを狙うようにしましょう!

 

 

今回は月3万〜5万と、月収が少ない方向けの審査の甘いクレジットカードを紹介したいと思います。

 

 

 

月収3万〜5万で作れるクレジットカード!

 

仕事をしている家族や配偶者と一緒に住んでいるのならまだいいのですが、そうでなく単身で月収3万〜5万だとクレジットカード作りは基本的には難しいです。

 

 

こういう状況でもどうしてもカードが欲しいのなら審査の通りやすく作りやすい評判のカードを申込んでみるのがおすすめです。

 

 

ネット情報の中でも審査評判が通りやすいと言われているのがYahoo! JAPANカードです!!

 

 

 

「Yahoo! JAPANカード_審査甘い」と調べていけばYahoo! JAPANカードはいかに作りやすいカードなのかというのがよくわかります。

 

 

ただもちろん審査はきちんとあり収入・個人情報・クレジット利用情報など総合的判断の審査が行われます。

 

 

正直楽天カードと言えど、月収でいえば月10万。年収120万は少なくとも欲しいところです。
月10万円くらいの収入で作れている方もいれば、審査落ちになっている方もいる感じです。

 

 

 

月3万〜5万だと年収36万〜60万しかないので普通に考えると難しいです。

 

 

 

少ない年収で審査を切り抜けるポイントとしては4つです。

 

 

 

@預貯金額の入力。
Aキャッシングは0で。
B自宅電話番号入力。
C世帯年収入力。

 

 

この4つは非常に大事です。

 

 

@の預貯金額については、いわゆる今持っている預金ですね。クレジットが払えなくなったときに補てんできる預金があるかどうかになります。今自分が持っている預金額をすべて入力すればOKです。

 

 

Aのキャッシングについては、0にするのがいいと思います。キャッシングがついているとそれだけで審査が厳しくなるので、最初から0にしてキャッシングを付けない状態で申し込む方がいいと思います。

 

 

Bの自宅電話番号入力については、番号を持っている人は入力した方がいいです。たまに番号を持っていても使わないからという理由で入力しない人がいます。自宅電話番号があるだけで審査の信用度は格段に上がるので、自宅固定電話を持っている場合は必ず入れましょう。

 

 

Cの世帯年収入力については、家族と一緒に住んでいる場合に、家族全員の年収を足してアピールすることができます。世帯年収は審査において強い味方です。ある場合は必ず入力しましょう。

 

 

 

まとめ

 

月収3万〜5万だと普通のクレジットカードだと審査に落ちてしまうのが一般的だと思います。

 

月収が少ないのなら、その分作りやすいカードを選ぶ必要があるかと思います。

 

 

カード審査が甘いカード「Yahoo! JAPANカード」なら月収3万〜5万でも作れる可能性も0ではないでしょう。

 

もちろん作れる可能性で言うのであれば1割・2割とかかもしれませんが、逆に言えばYahoo! JAPANカードで作れなかったら他のカードは到底作れないと思います。

 

 

収入が少なくて審査が不安な場合はYahoo! JAPANカードを作るのがおすすめです。

 

 

とにかくカードが作りたくていろんなカードを何枚も同時に申し込んでいくと多重申込みとなり、ますます審査通過できなくなるので注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る