18歳のフリーターはクレジットカードが作れるか?

18歳のフリーターはクレジットカードが作れるのか?

 

クレジットカードの申込条件としてよく「満18歳以上の方」という表記がありますが、18歳以上であれば誰でも申し込むことができるのかについての疑問に答えていきたいと思います。

 

18歳のフリーターはカードが作れる

 

18歳になったら誰でもクレジットカードが作れるか作れないかでいうと、高校生以外であれば誰でも作ることができます。

 

 

18歳以上であればフリーターでも、専業主婦でも(あまりいないかもしれませんが)、学生(大学生・専門学生)でも家事手伝いでも作ることができます。

 

 

高校生はいくら探しても作れるクレジットカードはないので注意しましょう。

 

10代でのカード申込の注意点

 

18歳以上の高校生以外はクレジットカードを作れるということはわかったと思いますが、10代は20代以上の成人と比べて気をつけておかない点がいくつかあります。

 

 

 

 両親の同意確認

 

高校生以外の18歳以上はカードが作れますが、カード作成においては必ず両親(親権者)の同意確認が必要という条件が存在します。

 

 

したがって両親(親権者)に内緒でカードを作ることはできないので注意しましょう。

 

 

カードを申し込んだ後にカード会社から両親確認の電話があります。
両親にカードを作りますという話をして了承してもらい、電話にも出てもらえる環境を作っておきましょう。

 

 

 

 審査が難しい

 

18・19歳のときは仕事をしていてもほとんどの方がフリーターであったり、社員になりたてで収入が少ないケースが非常に多いです。

 

 

定期的に収入を得ているとはいえ、金額自体がすくないとカード審査自体通過できなくなってしまう恐れがあります。

 

 

カードは一度審査に落ちてしまうと、落ちてしまった否決履歴が残ってしまい、次にカードを申し込むときに審査通過できにくくなってしまうので、10代のうちにカード申込をするのなら審査がゆるく作りやすいカードを作るのがいいと思います。

 

 

 

審査がゆるく作りやすいカード

 

審査がゆるく作りやすいカードといえばYahoo! JAPANカードです。

 

 

審査時間最短2分とも言われ、申込する方も今非常に増えています。

 

 

Yahoo! JAPANカードは、正社員はもちろんのこと専業主婦・アルバイト・学生はとくに申込者優遇をしていて全面的にカード入会者を集めています。

 

 

もちろん100%ではありませんが、たいていの方は作ることができるのではないでしょうか。

 

 

まだYahoo! JAPANカードのことをぜんぜん知らないかたは、まずどんなカードなのかをチェックしてみるといいと思います。

 

 

 

まとめ

 

18歳になったら高校生以外であればクレジットカードは誰でも作ることができます。

 

 

ただし作成の際には両親への確認電話と審査が20歳以上の成人より難しいということを覚えておきましょう。

 

 

10代でカードを作るのなら審査が甘いYahoo! JAPANカードがおすすめ。

 

 

どんなカードかいまいち知らない方は調べてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る