エネオスカードと楽天カード どっちがエネオスでお得?

エネオスカードと楽天カードは結局どっちがエネオスでお得なのか?

 

エネオスカードと楽天カードはエネオスでのガソリン給油がお得になるカードです。

 

楽天カードはガソリン給油した分だけポイントが貯まり、エネオスカードはカードの種類によってガソリン単価が安くなったり、給油した価格に応じてポイントが貯まるような感じになっています。

 

 

どちらのカードもポイントが貯まったり、ガソリン単価が安くなるので、お得なのは間違いないのですが、カード1枚だけ選択して今後使っていくとなるとどれがお得なのか、困ると思うので、今日はどのカードを使うのがエネオス給油でお得なのかを解説したいと思います。

 

 

ガソリンを次ぐ量・回数によって変わる

 

まず結論から言ってしまうと、どのカードが一番ベストカードかというと、ガソリンを次ぐ量や回数によって変わってきます。

 

 

1か月あたりのガソリンを次ぐ量が少ないのなら「楽天カード」か「エネオスカードのSタイプ」がいいと思います。

 

 

理由としては、どちらのカードも年会費が無料だからです。

 

 

年会費が無料ながら、楽天カードは100円につき2ポイントガソリン給油でポイントが貯まり、エネオスカードSの方は、1リッターにつき2円ガソリン単価を割り引いてくれます。

 

年会費がかからないから、使った分だけきっちりお得になります。

 

※エネオスカードS(スタンダード)は1年に1回以上カードを使うことにより、次年度が年会費無料になります。

 

 

 

逆にガソリンを次ぐ量・回数が多いなら「エネオスカードのPタイプ」か「エネオスカードのCタイプ」がいいです。

 

 

Pタイプはポイントが貯まり、Cタイプは先々月使ったクレジット金額に応じてガソリン単価割引率が変わります。

 

 

いずれにおいてもポイントが貯まる還元率やガソリン単価割引率は非常に高いです。

 

 

しかし、どちらのカードも年会費がかかるようになっています。

 

 

初年度は年会費が無料ですが、次年度から年会費として1250円+税がかかってきます。

 

 

この年会費分のもとをとろうと思ったらカードの利用がそれなりに必要になります。

 

 

Pタイプ(ポイント)で言えば月に最低でも50リッター以上はガソリンを次ぎたいところ、Cタイプ(キャッシュバック)で言えば月に100リッターはガソリンを次ぎたいところという感じです。

 

 

 

まとめ

 

エネオスの利用において一番便利になるオールマイティーな要素のカードはありません。

 

ガソリンを次ぐ量によって持つカードを変えるのがおすすめです。

 

 

ガソリンを次ぐ量が少ない(月50リッターもいかない)なら楽天カードかエネオスカードS

 

 

ガソリンを次ぐ量が多いならエネオスカードPかエネオスカードCがいいと思います。

 

 

 

いずれにおいてもエネオスを利用するのにカードを使わないのはもったいないので、よく利用するのならどれか一枚は持って利用するのがいいと思います。

 

 

 

 

トップへ戻る